マンション投資に必要なのは「慎重さ」│立地が命なら駅近くの物件に絞ることが大切

不動産

リスクが分散できる投資法

不動産

安定した収益で老後は安心

一挙に莫大な収益を上げることができるのが、投資の醍醐味です。その反面、一挙に資産を失うリスクがあります。同じ投資でも地道に収益を上げていく方法があります。それが不動産投資です。特に一棟マンション投資はローリスクミドルリターンが期待できるので人気があります。一棟マンション投資のメリットはリスクを分散できるという点です。マンション投資のリスクとは空室が出ることですが、一棟マンション投資なら複数の部屋を抱えているので一室程度の空室が出ても、他の部屋の家賃収入でカバーできるのです。大規模な一棟マンション投資なら数十の部屋から家賃収入を得られるので、非常に安定した投資といえます。少子化による人口減が不安視されていますが、東京などの大都会では人口集中がより進むとみられており、一棟マンション投資の優位性は今後も続きます。

管理会社の活用法

一棟マンション投資では安定した収益を長く続けることができるため、老後の安定した生活設計を立てる場合に役立ちます。土地を持っていてマンション建設資金が融通できる人は、資産を確実に増やすためにも一棟マンション投資はおすすめです。このような多くの部屋を抱え込むと、管理が大事になってきます。そのためには一定の費用を支払っても、専門の管理会社とパートナーを組むことが必要になります。上手に管理してもらうためには工夫が必要で、管理会社に丸投げしないことが大切です。例えば建物の保守点検や清掃だけを依頼するなどの工夫をするのです。家賃の回収などは自分で行うなど仕事を分担することによって、オーナー自身が居住者の意見を聞けるようにすることが管理の秘訣です。