マンション投資に必要なのは「慎重さ」│立地が命なら駅近くの物件に絞ることが大切

不動産

マンションでの資産形成

握手

マンション経営の注意点

資産形成にマンション投資は変わらず人気があります。地価の下落に伴ってマンション価格が安くなった頃は、長期保有での安定収入が主な所有目的でした。けれども地価の上昇により、値上がりが期待できる物件が出てきたことにより、再びキャピタルゲイン狙いのマンション投資を行う人が増えてきています。そこで注意したいのが、短期売却を目的とした無理な資金計画です。特に新築マンションの場合には、頭金をほとんど入れずにローンを組むことができます。そして最初の数年間は金利の安いローンを組めます。その間に転売できれば、かなり少ない返済で済むために家賃収入でまかなえます。けれども売却できずに長く保有すると、金利の上昇により返済額は増えることになります。

マンション経営の利点とは

マンション投資によって資産運用することが人気を集めています。不動産相場の上昇がその背景にありますが、サラリーマンでも無理せずに保有できることが人気の理由となります。ワンルームのような比較的金額の安い物件であれば、ローン返済を家賃収入で補うことは可能です。さらに管理会社によっては、賃借人がつくか否かに関わらず家賃を補償してくれるところもあります。ローンを短期に返済すれば、安定収入として将来の生活費として確保できることになるわけです。人気エリアにおけるマンション投資であれば、賃借人探しにも苦労しませんし、また転売するにも買い手には不自由しなくなります。また中古物件の場合にも手頃な収益性の高いものが多く見つかります。